糖尿病に水が良いって本当?その理由をご紹介します!!

糖尿病は大変おそろしい病気なのです!!

血糖値を測定する高齢者の手

現代、日本における国民病ともよばれているという「糖尿病」。日本国内の糖尿病患者数は、現在までの約40年間で、約3万人から700万人程度にまで増加しており、糖尿病予備軍になっている方も含めると、2000万人に及ぶとも言われています。糖尿病は生活習慣病の一種であるので、治療型から保健指導型の予防医療への転換を図らないと、死亡率を下げることが難しいと言われています。糖尿病予防に対する知識と意識が低いのも、疾患者数が増加する傾向にあるのが現状です。

 

糖尿病とはどんな病気かと言いますと、詳しくはこちらでもご紹介していますが、血糖値(血液中の血糖濃度)やヘモグロビンの数値が基準値よりはるかに高い状態である病気です。体中の微小血管が徐々に破壊され、目や腎臓を含む体中の様々な臓器に、重大な傷害を及ぼす可能性がある恐ろしいものなのです。糖尿病の症状として怖いのは、初期段階では何も症状が出ないことです。自分が糖尿病になっているのかということも気付きにくい病気で、健康診断などで要検査の「B」とか「C]の検査結果が出て初めて病院に行かなければと考える方がほとんどで、この段階で病院に行ってブドウ糖検査や今後の食事や運動の指導を受けていれば、ほとんどの方は正常値に近い値まで回復する見込みがあります。しかし、自覚症状として痛みなどが無い為、糖尿病予備軍であっても病院にいかなければという危機感を持っている方が少なく、病院に行かれる方が少ないのです。糖尿病は風邪や腹痛などと違って、薬を飲めば完治するような病気ではありません。糖尿病を放置しておくと、症状が悪化することはあっても、絶対に完治することはないのです。著しいのどの渇きや、頻尿、さらには意識障害、昏睡などになることもあります。今は糖尿病になっていないから大丈夫と考えるのではなく、他人事と考えずに生活習慣の見直しをしながら、糖尿病の予防することが大切です。

水で改善していく糖尿病予防

このような糖尿病の原因としては、現代の「生活スタイル」が要因とも言われています。現代の日本では食の欧米化により、肥満体質になる傾向がみられ、運動不足なども原因として挙げられます。また、日常生活における規則正しい生活リズムが乱れてしまうと、体内の血糖値をコントロールするインスリンが正常に働かなくなってしまいます。まずは予防として、食べ過ぎに気を付けることが重要です。この食べ過ぎを防止するものとして、「水」に効果があるのをご存知ですか。水を飲むことで、胃に入る食べ物の量を減らすことができ、また食欲を抑制する働きもあるので、食べ過ぎを防ぐことができます。しかも、水を飲むことで代謝が活発になり体内の老廃物を排出する効果もありますので、脂肪燃焼も良くなり、肥満を防ぐことができます。

コップに入った水

 

もし糖尿病になってしまったら、糖尿病は一度発症すると完全に治癒することがないので、この先ずっと糖尿病と長く上手に付き合っていかなければいけません。そんな時にも水を利用すると良いのです。糖尿病になってしまったら、それまで以上に血糖値に気を配る必要があります。血糖値の上昇を抑制する為には、食事量を抑え甘い物も控えていかなければいけません。コンビニなどで売られているジュース類は糖分が多く含まれているので、糖尿病の方はあまり飲まれない様に控えた方が宜しいと思います。そんなジュースを水に変えて摂取すれば、食べ過ぎの抑制にもなりますし、糖分の摂りすぎも抑制してくれます。

 

また、糖尿病には血糖値を下げる運動療法も重要です。運動する際も水分補給が必要でありますし、体内の代謝を良くする水であれば老廃物などを排出しやすく、体の燃焼を助け、血液中の糖分がより消費しやすくなります。

 

この様に水で食欲の抑制などに効果があるので、ぜひ、少しでも糖尿病予防や進行防止に活用してください。水があなたの命を支えます

 

詳しくはこちらへボタン