水に溶ける有機化合物ホルムアルデヒドについて

有害物質ホルムアルデヒドとはどんなもの?

2012年5月、関東各地の利根川水系の浄水場で、基準値を超える有害物質のホルムアルデヒドが検出されました。

 

このホルムアルデヒドという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、この化合物は建材などの接着剤や塗料、防腐剤などに含まれていて、このホルムアルデヒドが建材などから空気中に放出されることもあり、その場合は低濃度でも人体に悪影響を及ぼすと言われています。これが、いわゆる「シックハウス症候群」の原因物質のひとつと知られています。このホルムアルデヒドは水に溶ける物質でもあります。

 

人体に与える影響は、粘膜への刺激性を中心とした急性毒性があり、空気中に放出された場合は呼吸器系、目、のどなどの炎症を引き起こします。皮膚や目などにこのホルムアルデヒドが溶解した水溶液が入った場合は、激しい刺激を受けて炎症を生じます。ホルムアルデヒドは発がん性物質であるとも言われている、とても毒性の強い有機化合物なのです。

 

この問題では、河川に何者かが故意的に廃棄物を不法に投棄した可能性もあるそうです。ですが、河川などから浄水場に引き込んだ水に、有機化合物が含まれているかもしれない可能性はいつ起こってもおかしくないのです。実際に浄水場の水から、農薬などに含まれる成分が検出されたこともあるのです。

 

そう考えると、水道水は浄水場でしっかり処理されているとはいえ、安心できる水とは言えなくなってきました。

 

北アルプス

その点ではアルピナのウォーターサーバーでは、原水として天然のフィルターである山々や砂地を通って、長い月日をかけてろ過されているので、原水自体に化学物質が含まれていることはないのです。しかもこの原水を、目が 0.0001 ミクロンという分子レベルの極小サイズのフィルターで何度もろ過して、水に含まれている不純物までもをしっかり除去しているのです。ですので、水道水に比べて安全性が高い水と言えるのです。

いつでも安心して飲める水がやっぱり良いですよね。ぜひウォーターサーバーで安心できる生活を!!

 

 

安心して飲める水はこちら