熱中症に気を付けよう【水分補給の大切さ】とは

熱中症を予防するには?

水を飲む女性

熱中症は、毎年夏の暑い時期になると、緊急搬送されて病院に行かれる方や、なかには命を落としてしまう方もいらっしゃるほど数多くの方がかかっているのが現状です。

 

熱中症にかかりやすい時期は、気温が高くなる夏場にみられ、梅雨明けの湿度が高くなるような時期もかかる可能性があります。特に小さい乳幼児や高齢者の方が熱中症にかかりやすく、脱水症状なども起こる可能性があります。症状が悪化した場合には、命の危険性もありますので注意が必要です。

 

また熱中症は戸外だけとは限らず、室内にいてもかかることもあります。換気が悪い高温多湿の室内にいた場合に、体の中の熱が発散しきれなくなってしまうと、熱中症になってしまう場合があるのです。

 

まずは、熱中症にならない為にも対策や予防が必要です。

 

今から熱中症対策としてポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

外出時は、帽子や日傘を利用し、直射日光を受けないようにする

直射日光を受けない為に、必ず帽子や日傘などを利用するようにしましょう。また、首も熱を吸収しやすいので、タオルやスカーフなどを活用しても良いでしょう。

 

通気性の良い服装を心掛けましょう

通気性の良い生地は、麻が一番良いと言われています。服の色も熱を吸収しやすい黒などは避けるようにしましょう。

 

体調がすぐれないときは熱中症にかかりやすいので注意

寝不足や食欲不振などの、体調がすぐれないときは、熱中症にかかりやすいと言われています。体調が悪い場合は、外出を避けてしっかり休養をとるようにしましょう。熱中症になると、再発しやすいと言われていますので、一度なった方は注意が必要です。

 

水分補給はこまめに摂ろう

汗として体から水分が出たら、その分水分補給をしっかりしなければなりません。水分補給が十分されていないと、脱水症状が起こる場合もあります。のどが渇くと感じる前に、こまめに水分を摂ることが大切です。脱水症状が悪化してしまうと、死に至る危険性もあるので、小さいお子様や高齢者の方は特に気を付けて水分補給をしましょう。

 

詳しくはこちらへボタン