水道水に含まれる有害物質は人体に危険です!!

水道水は危険?

水道蛇口

私たちが日常生活で毎日使っている水。日本では数多くのご家庭が水道水を使っていると思いますが、実はこの水道水、飲み続けると人体に影響を与えてしまう有害物質が含まれているのをご存知ですか?地球上には数多くの有害物質が存在していますが、有害物質は人体の健康を害したり、病気を引き起こしたりするのです。

 

水道水に含まる有害物質とは、消毒の為に使われる塩素や水道管から溶け出した鉛の成分、過去には農薬の成分が検出されたこともあるということで、このような色々な化学物質が含まれている可能性があるのです。塩素は浄水場で消毒する際に使われるもので、水の中には0.1mg/リットル以上の濃度の塩素が必要であり、これが残留塩素として存在するのです。残留塩素は水に含まれている有機物と反応すると、トリハロメタンとして発生してしまい、このトリハロメタンが人体に与える影響として、肝障害や腎障害、そして発がん性もある物質だと言われています。

 

また、以前日本では水道管に鉛を使っていたのですが、現在では鉛を使用することは禁止され除去されてきてはいるのですが、実際のところまだ鉛を使用している水道管は数多く残っているのが現状です。この鉛の成分が水の中に溶けだし、この水を飲み続けてしまうと、痴呆や脳炎、腎臓障害を起こす可能性があると言われているのです。鉛の成分は体の中に吸収されやく、体外に排出されにくいという特徴があり、お子様には脳の成長を著しく害してしまうという危険性も持っています。

 

ですから、体の為には安全な水であるウォーターサーバーがオススメと言えます。特にROシステムでろ過されているアルピナの水は0.0001ミクロンという分子レベルの膜で何度もろ過し、除去不可能だと言われていた超微細のダイオキシンなどの化学物質までをもしっかり除去しているからとっても安全であるのです。お子様の将来を考えたらやっぱり安心できるお水がいいですね。

 

詳しくはこちらへボタン